示談金や慰謝料を増額させるための方法

保険会社から提示された慰謝料や損害賠償金が果たして適正な額なのか、なかなか判断ができないものです。相手方の保険会社から提示された金額に、安易に納得しないようにしましょう。

示談交渉のタイミング

もし交通事故の被害者になってしまい、保険会社との示談交渉をする場合は、事故によるケガなどの症状が確定してからにしましょう。後遺障害があった場合、その前に示談をしてしまうと、後遺障害慰謝料受け取れなくなる可能性が高くなります。

過失割合は事故の当事者のどちらがどれだけ悪いのかを表す数字ですが、歩行者と自動車の場合、確実に自動車側の過失割合が高くなります。歩行者が赤信号で横断歩道に侵入した場合のみ、過失割合は50%を超えますが、明確な基準が定まっていますので、その割合を把握しておきましょう。
引用元:厳選 交通事故弁護士ナビ
参照URL:https://jico-pro.com/columns/132/

示談交渉のタイミング

6-8

もし交通事故の被害者になってしまい、保険会社との示談交渉をする場合は、事故によるケガなどの症状が確定してからにしましょう。後遺障害があった場合、その前に示談をしてしまうと、後遺障害慰謝料受け取れなくなる可能性が高くなります。

一刻も早く示談を成立させたいとしても、何も考えずに進めてしまっては意味がありません。そのため、示談に入る前にできるだけ交通事故の法律知識や示談の内容を把握しておくことが大事だと言えます。
引用元:厳選 交通事故弁護士ナビ
参照URL:https://jico-pro.com/columns/132/

交通事故に強い弁護士に依頼しましょう

6-9

慰謝料には自賠責基準、任意会社基準、弁護士基準の3種類があります。弁護士基準は、過去の裁判の判例を元に算出した基準で最も高額な慰謝料を受け取ることができます。

もし被害者に有利な証拠や写真などがあるのなら、調書の際に、必ず提出しましょう。弁護士に相談しておくことで、保険会社との示談交渉がどのように進むのか、どの話を進めれば有利な結果が得られるのかのアドバイスをもらうことができます。
引用元:厳選 交通事故弁護士ナビ
参照URL:https://jico-pro.com/columns/137/

まとめ

弁護士に示談交渉を依頼することで慰謝料を増額することができますが、その分費用もかかります。任意保険に付帯している弁護士費用特約の利用や完全成功報酬型の弁護士に依頼するなど、工夫すれば費用の負担は軽減できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です