交通事故の被害者が知っておきたい示談について

交通事故の示談交渉、保険会社に任せておけば大丈夫と思う方も多いと思います。ところが被害者の過失割合が0%の時、自分が加入する自動車保険会社に示談交渉をしてもらうことができません。

加害者の過失割合が100%の場合

加害者側の過失割合が100%の場合、被害者が加入している自動車保険会社は、示談交渉に介入できないことになっています。被害者自身が、病院に通いながら加害者との示談交渉に関する対応もひとりで行う必要があります。

交通事故では受けた被害についての補償を請求するとき、「示談」という形で加害者と交渉を行います。そのような補償請求や示談交渉はすべて法律が関係します。また、受け取ることのできる補償額も、示談交渉次第で変わってしまうのです。
引用元:厳選 交通事故弁護士ナビ
参照URL:https://jico-pro.com/columns/3/

加害者の保険会社との示談交渉

6-14

加害者側との示談交渉の相手は、多くのケースでは加害者側の自動車保険会社になります。その場合、相手は示談交渉のプロということになります。当然、加害者側の保険会社は、より少ない金額で示談交渉を成立させようとするでしょう。

これら補償のための金額について、保険会社はできるだけ負担が小さくなるよう色々と理由をつけて低い金額を提示してくることが多いようです。
引用元:厳選 交通事故弁護士ナビ
参照URL:https://jico-pro.com/columns/3/

弁護士に依頼すべきか

6-15

相手が示談交渉のプロである以上、弁護士に依頼する方が良いかと思われます。ただ、弁護士に依頼をするとなると費用が必要となります。弁護士に依頼する費用対効果をよく考えたうえで、弁護士への依頼を検討すべきです。

保険会社の担当者によっては、被害者の足元を見るような人も少なくありません。弁護士に依頼をすれば最終的には裁判で決着をつけることになりますので、適正な金額を受け取ることができるようになります。
引用元:厳選 交通事故弁護士ナビ
参照URL:https://jico-pro.com/columns/3/

まとめ

被害者側も自動車保険に加入しているのであれば、弁護士費用特約が付帯されているかを必ず確認しましょう。弁護士費用特約とは、交通事故の被害者が、加害者側に対して損害賠償請求を行うときなどに生じる弁護士費用などの費用面での不安を解消するための制度です。

とはいえ、弁護士は自分で探すことになるので、人口も多交通事故多発地域の大阪で弁護士を探すなら「交通事故解決ピット」がとても便利ですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です